2018年07月09日

日本の大手自動車会社に部品を納める中小企業の構図と同じような気がします。

アメリカと中国の貿易戦争が勃発、韓国の半導体・自動車に直撃弾がくらったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国は中国への中間財の輸出比率が79%にのぼるそうで、貿易紛争が激化するほど輸出は冷え込み、韓国が最大の被害者になるのだそうです。

それを裏付けるように、仮に中国の輸入10%減少なら韓国の成長率1.6%低下するとの見方も・・・。

輸出割合が一国に集中すると何かあったときにリスクが大きいですね。

日本の大手自動車会社に部品を納める中小企業の構図と同じような気がします。

さて、日本の企業は体力があるとはいえ、貿易戦争に巻き込まれないようにしないとね。









posted by 声優社労士 at 12:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: