2018年06月14日

憲法改正しなければならないのに、反日従北野党が「モリカケ〜」と邪魔をする。

沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で13日に中国海警局の船3隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認したとネットニュースで報じていました。

その中国海警局の3籍中1隻は機関砲のようなものを搭載していたようで。

中国は、日本が北朝鮮問題で右往左往してる間に尖閣諸島をかすめ取ろうという魂胆なのでしょう。

ハッキリ言って日本は近隣諸国からナメられています。

北朝鮮の拉致問題でもアメリカ頼みで、日本独自で拉致被害者を返さなかったら攻撃するぞ!とも言えない。

尖閣でもクソ中国の船舶を警告して追い払うことしかできない。

そのために憲法改正しなければならないのに、反日従北野党が「モリカケ〜」と邪魔をする。

このままでいいのか?




posted by 声優社労士 at 08:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: