2018年06月12日

自分たちで開発する頭脳がないので他国から盗んでくる中国、くたばれ!

中国ハッカーが、米海軍の契約業者に侵入し超音速対艦ミサイルなどの情報を盗んだとネットニュースで報じていました。

中国によるサイバー攻撃は今年の1月〜2月に潜水艦向け兵器などの研究開発を担う米海軍対潜戦センターの契約業者に対して発生し、2020年に向けて水面下で開発中だった超音速対艦ミサイルに加えて、潜水艦のセンサーや暗号システムに関係する情報も盗まれたのだとか・・・。

で、アメリカ海軍が連邦捜査局FBIの協力を得ながら捜査しているということですが、中国がハッキングしたなんてこと認めるわけがありませんから、事実上泣き寝入りですね。

かつて、アメリカのステルス戦闘機の情報が盗まれて似たような戦闘機が中国で作られたことがありました。

アメリカだけでなく、日本でも自衛隊の情報も盗まれる可能性もありますから気を付けないと。

自分たちで開発する頭脳がないので他国から盗んでくる中国。

なんと卑劣な国家なのでしょう。

こんな国は、早く滅ぼすに限ります。

くたばれ!中国。




posted by 声優社労士 at 08:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: