2018年06月02日

基本的に慰安婦問題は韓国側が日本を貶めるための外交手段にすぎません。

先月29日に海外記者懇談会の場で韓国与党のチュ・ミエ代表が「大韓民国は法治主義国家だ。国際法に基づいて日本大使館前の少女像を片付けることができるのか」という日本人記者の質問に対して、「少女像は全世界に、国を失った国家の少女を性的奴隷にした日本を平和的な方法で告発するもの」と答えたとネットニュースで報じていました。

さらにチュ・ミエ代表は、「国際法を守るかどうかではなく、日本軍慰安婦被害者問題は韓日間で解決すべき歴史」とし「日本が過去に犯したことについて心から懺悔し、反省し、被害者に謝罪すれば、これほどまで両国間の問題に発展させなくてもよい」と指摘した。そうです。

私としては国際法を守るのが法治主義国家で、韓国国内世論とは関係ないと思うのですが・・・。

また、日本としては過去に戦後賠償金を支払っているのです。

これ以上何を謝れというのでしょう。

基本的に慰安婦問題は韓国側が日本を貶めるための外交手段にすぎません。

なんという卑劣な国だ。







posted by 声優社労士 at 08:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: