2018年05月22日

日本人が韓国で何か災害や事件に巻き込まれたら、地元の警察ではなく日本大使館へ行けという意味がよく分かりました。

緊急車両のサイレン鳴っていてもお構いなしで、消防車に道を譲らないのが韓国人だと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

と言いますのも、韓国の最も混雑する道路で消防車に道を譲る訓練が行われたそうなのですが、ドライバーも歩行者も非協力的だったからだそうです。

これでは、火災鎮圧のかなめとされる6分から7分以内に消防車が現場に到着できないと・・・。

でも、そういう非協力的な人は、いざ自分が災害に見舞われると消防車が来るのが遅いと文句を言うんでしょうね。

他人はどうでもいい、自分さえよければいいという国民性なのでしょう。

日本人が韓国で何か災害や事件に巻き込まれたら、地元の警察ではなく日本大使館へ行けという意味がよく分かりました。





posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: