2018年05月11日

北朝鮮の問題で日本の拉致被害者救出に尽力してくれたら締結してやってもいいという感じでしょうか。

日本と中国が両国間の通貨スワップ協定の締結を急ぐことにした。とネットニュースで報じていました。


日本と中国の通貨スワップですが、尖閣諸島を日本政府が国有化する措置を取った後に2013年9月に期間満了を迎えたものの関係悪化のため更新されなかったのですが、両国の金融市場安定維持と投資便宜促進に役立つという認識で一致したため、締結することになったとか。

さぁ、これで気をよくしたのが韓国です。

2017年1月にプサン日本領事館前に慰安婦少女像が設置されたことを受け、日本側が一方的に交渉を中断していたのですが、中国と締結したのなら韓国とも締結してくれるかもしれないと・・・。

まぁ、どうでしょうか。

今回の北朝鮮の問題で日本の拉致被害者救出に尽力してくれたら締結してやってもいいという感じでしょうか。

さらに、徴用工像の問題もありますしね。




posted by 声優社労士 at 08:32| 神奈川 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: