2018年05月09日

狐と狸の化かし合い・・・勝つのはどっちだ?

朝鮮半島情勢で非核化が「共同の目標」とした南北首脳会談ですが、アメリカはどう見ているのか?

歴代米政権の対北政策に関わり韓国政治にも詳しいアメリカのとある教授は「南北合作に基づいた世界の見せ物、宣伝であり、とうてい受け入れ難いと米政府は判断するだろう」と批判したとネットニュースで報じていました。

その中でその教授は、韓国のムン・ジェイン政権は北朝鮮の平和攻勢に手を貸した共演者とみなされるとも言っていたと・・・。

たしかに、テレビに映し出される南北の融和ムードは、下手なドラマ演出のようで、見ているこちらのほうがむず痒くなる。

さらに教授は、この南北融和劇そのものがムン大統領が就任したときから周到に準備されていたものだという。

これに対しアメリカはどういう態度で朝鮮半島に望むのでしょうか?

過去の大統領のように、また騙されるのでしょうか?

狐と狸の化かし合い・・・勝つのはどっちだ?





posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: