2018年04月13日

韓国のお粗末な宇宙計画について

韓国人宇宙飛行士誕生から10年が経ったが、第2の宇宙飛行士はいまだに誕生していないとネットニュースで報じていました。

10年前の4月8日に韓国のイ・ソヨン研究員がソユーズで国際宇宙ステーションで11日間滞在し帰還しました。

帰還したイ・ソヨン研究員は宇宙飛行士事業を継続できると期待していたのですが韓国政府は事業を打ち切り、がっかりしたイ・ソヨン研究員はアメリカに移住してしまったようです。

一度の韓国の宇宙飛行士事業の成功で満足した韓国政府。

韓国のお国柄、基本的に地味に努力するということが嫌いなようです。

その韓国政府ですが、アメリカ、日本が進める火星探査に興味を抱いているようで・・・。

地味な努力は日本にまかせて、美味しいところだけ持ってゆこうという考えなのでしょう。

なんとまぁ、腹黒いこと。




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: