2018年03月28日

無責任にもほどがある韓国企業

ベトナムで韓国企業の夜逃げが続出し現地で信頼の低下が懸念されているとネットニュースで報じていました。

ベトナムに進出する韓国企業が4000を超える中で経営が悪化すると、ベトナムから夜逃げする企業があるのだとか・・・。

賃金遅配は当たり前、工場の設備まで放置したまま連絡を絶つパターンで、韓国企業の夜逃げで生じた被害をベトナム社会全体が背負っているのが今の現状だそうです。

やれやれ、ムン大統領の指示で韓国国内の最低賃金が上がったので、人件費の安いベトナムに進出したのはいいけれど、経営手腕のない韓国企業はスグに経営難に・・・。

たしか、フィリピン・マニラの鉄道管理で無茶苦茶だった韓国企業に代わり日本が管理することになったことがありましたね。

立場が悪くなると見境なく逃げだし、「俺のせいじゃない」と言い張る韓国企業。

無責任にもほどがある。



posted by 声優社労士 at 11:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: