2018年03月13日

日本企業に就職ということは、それだけ韓国には仕事がないということか・・・。

日本厚生労働省と法務省によれと日本で就職した韓国人が昨年2万1088人に及び、史上初めて2万人を越えたとネットニュースで報じていました。

で、どんな仕事かというと 技術・人文知識・国際業務のようで、特に毎年1%前後増加していた日本国内韓国人就業者の数は2015年から急速に増えているのだとか。

さらに韓国は韓国青年の日本就職を後押しすることにしたのだとか・・・。

ここで不思議なのは、日本は悪だ!と反日教育を受けた青年たちがよく日本の企業に就職するのかということです。

まぁ、それだけ韓国には仕事がないということか・・・。

ということは、韓国の優秀な人材が日本に流出してしまうということでもあります。

と同時に、日本の技術も韓国に流出してしまう危険性がある。

双方、痛し痒しということでしょうかね。



posted by 声優社労士 at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: