2018年01月05日

アメリカが韓国を見限る日が来る?

アメリカのワシントンで韓米同盟への疑念が高まっているとネットニュースで報じていました。

つまり、韓国が敵国から攻撃を受けた場合アメリカは韓国を助けるが、逆の場合に韓国はアメリカを助けてくれるのだろうか?という疑問です。

何故そんな疑問が生まれたかというと、やはり韓国が中国とTHAAD問題で和解する際に表明したTHEED追加配備せず、アメリカミサイル防衛に参加せず、韓米日軍事同盟を推進せず・・・という「3つのノー」のためのようですね。

アメリカが警戒する中国に韓国がべったりになってゆくのは危険だと。

アメリカが経済・社会的負担を負ってまで韓国の安全保障に責任を持つことはないと一部のシンクタンクではアメリカ政府に進言しているとか。

どうなるんでしょうかね。



posted by 声優社労士 at 08:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: