2017年12月27日

アジア侵略を明言化したクソ中国、いずれ日本と戦う日が来ることでしょう。

「この世から戦いはなくならない!

強者が世界をおさめ、人々は強者に支配されることに喜びを感じる・・・

世界は戦い続けることが自然なのだ!」

アニメ「新機動戦記ガンダムW]トレーズの言葉です。

さて、共産主義のクソ中国は、南シナ海での軍事施設の建設実績を自ら認めるなど「開き直り」の姿勢を見せ始めたようだとネットニュースで報じていました。

北朝鮮の核やミサイル開発をめぐり朝鮮半島情勢が緊迫する中で、南シナ海問題の影が薄くなってきていることがあげられるとか。

さらに、中国政府系サイトの「中国南シナ海ネット」は、人工島造成の目的が「軍事防衛の強化」であることを認めた上で、今後も島の面積が拡大していくと明言したそうです。

アジア侵略を明言化したクソ中国、いずれ日本と戦う日が来ることでしょう。




posted by 声優社労士 at 08:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | 特撮・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: