2017年10月23日

反日で日本語を排除しようとしているのに、その日本語頼みで訳すなんてね。

2017年のノーベル文学賞は日本生まれの英国人であるカズオ・イシグロ氏が受賞し、その代表作「The Remains of the day」は韓国で「残された日々」と訳され、新聞やメディア、ネットなどに紹介されたとネットニュースで報じていました。

しかし、「残された日々」という題名ですが、誤訳ではないか?と議論されているとか・・・。

「あの日の痕跡」「あの日の残影」といったほうが意味が伝わるというのである。

とある情報によると、韓国ではオリジナルの英語から訳すのではなく、日本語に訳されたものを韓国語に訳すのが多いから誤訳が多くなるのだとか・・・。

因みに日本語訳では「日の名残り」です。

これを韓国語に訳すと「残された日々」?

わかるような気がします。

さてさて、反日で日本語を排除しようとしているのに、その日本語頼みで訳すなんてね。

よく分からない国です。




posted by 声優社労士 at 08:26| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: