2017年06月16日

アルコール依存症の治療では、心理・社会的治療が大きな役割を果たしているそうです。

アルコール依存症の治療では、心理・社会的治療が大きな役割を果たしているそうです。

まず、代表的な介入法として、認知行動療法・動機づけ面接法・コーピングスキルトレーニングなどがあり、有効性も実証されています。

また、日本でもGTMACKと呼ばれる新しい入院治療プログラムが開発されています。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:21| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450913033

この記事へのトラックバック