2017年06月15日

自助グループへの参加は、断酒の継続に大きく貢献します。

前回も書きましたが、ある障害を持つ者同士が互いに励ましあいながら、その障害を様々な形で克服していくための集団を自助グループと呼ぶそうです。

そして、そのルーツは、1930年代の米国で共にアルコール依存症であった株のディーラーのビルと外科医のボブが、断酒のためのミーティングを行ったのが始まりだとか。

アルコール依存症の回復は、断酒の継続が大原則です。

自助グループへの参加は、断酒の継続に大きく貢献します。

アルコール依存症の治療施設で、患者に自助グループへの参加を強く勧めるのはそのためです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!










posted by 声優社労士 at 08:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450876749

この記事へのトラックバック