2017年06月07日

夫婦喧嘩の子供に対する影響、子供に対する身体的・性的虐待、子供の放任を含めた家庭環境もアルコール依存症の危険性に影響するのだとか・・・。

アルコール依存症の親を持つ人はそうではない人と比べて依存症になる確率が4倍高いとされています。

その原因としてまず遺伝があげられますが、それとは別に、親が子供の成人前に飲酒を認めるといった親の飲酒に対する態度や家族間の関係が希薄であることも原因のようです。

さらに、夫婦喧嘩の子供に対する影響、子供に対する身体的・性的虐待、子供の放任を含めた家庭環境も依存症の危険性に影響するのだとか・・・。

単に遺伝だけの問題ではないようです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 08:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック