2017年06月05日

以前からアルコール依存症が中年の男性に多いことはよく知られていましたが、最近は若い女性の依存症が増えています。

アルコール依存症は男女に関係なく、また年齢もさまざまな病気のようです。

以前から依存症が中年の男性に多いことはよく知られていましたが、最近は若い女性の依存症が増えています。

発症する年齢については、男性の方が女性より若いという意見と性差はないという意見があります。

しかし、習慣的に飲酒を始めて依存症になるまでの期間は女性の方が短く、女性は男性より早く依存症になりやすいそうです。

その原因として女性のほうが同じ飲酒量でも血中濃度が高くなりやすいこと、女性の方が男性より飲酒による肝障害やうつなどの精神科合併症を起こしやすいので飲酒問題が発見されやすいことなどが考えられます。

詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 08:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック