2017年02月27日

病気になってしまってから、これまでの飲酒パターンを変えることは実際には非常に困難です。

日本における飲酒量は経済の発展に伴い増大してきました。

飲酒量が伸び悩んでいる最近でさえもお酒に関連した問題は依然として大きく残っています。

病気になってしまってから、これまでの飲酒パターンを変えることは実際には非常に困難です。

また、飲酒は飲酒者本人だけでなく、家族や親類・近隣住民など他者に悪い影響を及ぼすことが多く、この悪影響には健康問題のみならず飲酒運転・家庭内暴力等の社会的問題も含まれます。

今一度、飲酒による悪影響について考えてみませんか?





詳しくは厚生労働省のホームページで!


posted by 声優社労士 at 08:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447392731

この記事へのトラックバック