2016年12月16日

アルコール性肝臓病は飲酒量が多いほど、また飲酒期間が長いほど起こりやすくなるんですよ!!

アルコールの飲みすぎによりにいろいろな臓器に病気が起こりますが、なかでも肝臓病は最も高頻度で、かつ重篤にもなる病気だと厚生労働省では注意を呼び掛けています。

アルコール性肝臓病は飲酒量が多いほど、また飲酒期間が長いほど起こりやすくなるんですよ!!

でも安心してください!

アルコール性の肝臓病の特徴はB型肝炎・C型肝炎と異なり、自らの意思でその発生を予防しえるという点です。

みなさん、飲み過ぎにご注意を!

詳しくは厚生労働省のホームページで!








posted by 声優社労士 at 08:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック