2015年08月02日

自分では眠気による作業能率の低下に気が付かないこともあります。

睡眠時間ですが、働く皆さんは必要な時間が確保しにくいこともあるため、特に、勤務形態の違いを考慮しつつも、十分な睡眠を確保する必要があります。

睡眠不足は、注意力や作業能率を低下させ、生産性を下げ、事故やヒューマンエラーの危険性を高めます。

そして、自分では眠気による作業能率の低下に気が付かないこともあります。

忙しい職場では、睡眠時間を削って働くこともあるかもしれませんが、それが続くと知らず知らずのうちに作業能率が低下して、さらに、労働災害などの危険性が増すことがあります。

詳しくは厚生労働省のホームページで!









posted by 声優社労士 at 08:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック