この記事へのコメント
 年金機構の前身は、悪名高かった社保庁と聞きます。
 なぜ、しっかり解体して、フレッシュな新組織を作れなかったのか?
 社保庁は、小泉元総理とは関係が深かったように思うので、そのせいなのでしょうか?(社保庁は、小泉政権下の、あの2004年の参議院選挙の直前、絶妙なタイミングで、当時の民主党代表だった菅元総理に、年金不払いの冤罪を着せる、ということも、やってました)
 いずれにせよ、政権与党だった自民党の罪と思います。
 日本のマスコミは、もっとしっかり批判すべきと思います。


 ところで、話を変えてすいませんが、日本のお天気について、書かせてください。
 といっても、今日2日のお天気のチェックも、全然できていない私ですが、今日は、昨日よりも暑くなりそうという話もあったと思うので、日本の多くの地域で、熱中症に警戒が必要なのでは?と思います。
 もしかすると、厳重注意が必要な地域もあるのでは?とも思います。とても心配です。
 うろ覚えですいませんが、気温32℃を超えると、重症の熱中症になるリスクが高くなるという話もあったように思うので、もしかするとそのような気温になる地域もあるのでは?と思い、とても心配です
 それと、これもうろ覚えですが、
「気温32℃を超えると起こりやすい血栓症があって、熱中症と間違い易い」
というような話もあったように思うので、こちらの方もとても心配です。

 4月の末頃から、夏のような最高気温の地域があり、熱中症気になっていました。
 そして5月は、30℃超えとか猛暑日一歩手前とかなど、真夏のような気温になった地域が、全国的にあり、恐れていたことも、起こってしまいました。
 屋外作業中に亡くなられた高齢者の方々がいらっしゃるそうなのです。痛ましいです。
 また、高齢者やお子さんなど、熱中症で入院なさった方々もいらっしゃり、その中には、重症の方々もいらっしゃるそうです。痛ましいです。
 それなのに、このところ、私は、熱中症関連のコメントを出せずにおり、申し訳ない思いです。

 亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
 熱中症になられた方々の、早いご回復を祈ります。

 先月下旬、「小学生が熱中症」というような話も聞きました。(ど素人考えかもしれませんが、校庭でスプリンクラーなど使ったら、いくらか熱中症予防にならないでしょうか?)
 警戒や注意が必要な地域の方々は、熱中症に、本当に、どうぞ、お気をつけて。

 更に熱中症の話を続けさせてください。
 急に暑くなると、それほどの気温でなくても、熱中症になる恐れがあるという話も聞いたことがあるので、それも心配です。
 高齢者の方々や子供達など、熱中症になり易い人達については、更に心配です。
 今色々書けなくて申し訳ないような思いですが、とにかく、ど素人考えですが、「帽子や日傘や簾など使ったりして、なるべく日差しを避ける」、「小まめな水分補給を行う」、「小まめな休憩を行う」、「冷たい水で濡らしたタオルを絞って、額や首など冷やす」、「クーラーや扇風機やうちわなどを適切に使う」などといったことで、熱中症予防をなさっていただければ、と思います。(確か、ネットに、「熱中症ホームページ」というサイトがあったと思うので、そういうサイトなどから、情報収集なさっていただくのも良いかも?とも思います。)
 熱中症予防に、打ち水も良いかも?(気化熱効果で、少し気温が下がると思います。それに、ど素人考えですが、熱く焼けているコンクリートに水を掛ければ、輻射熱も減るのでは?とも思います。ただ、打ち水をしていて、熱中症になってしまっては困るので、帽子をかぶったり、首には、冷たい水で濡らして絞ったタオルをかけておくとかなどなさって、熱中症予防に気を付けつつ、短時間で、打ち水していただけると、良いのでは?と思います。ど素人考えですが。)

 それから、これは熱中症とは少し違うかもしれませんが、気温が高くても湿度が低いと、汗の蒸発による気化熱効果で、体は涼しく感じるけれど、汗をかいた自覚がないまま、どんどん体から水分が奪われ、脱水症状を起こすことがある、と聞いたことがあります。それも心配です。
 最近、東京などは、そういう状況になっているようなので、心配です。(ど素人考えですが、スポーツなど、屋外で活動している時は、特にそのような脱水に、気を付けた方が良いのでは?と思います。)
 そのような場合、これもど素人考えですが、小まめな水分補給などで、脱水症状にならないよう、気を付けていただくと良いのかも?他にも気を付けるべきこと、あるかもしれませんが…。

 それにしても、気になるのは、高齢者の方々です。高齢になると、暑さ寒さを感じ難くなるということが、あるようなので…。(それで、思うのですが、今日の最高気温が高い地域や、最近、気温が夏のように高かった地域で、一人暮らしをなさっている高齢者の方が、ご家族やお知り合いにいらっしゃる場合は、安否確認のためのお電話など、なさってみてはどうでしょう?)
 最近、東北の震災の被災地などでも、かなり気温が高くなった地域があるようなので、気になっております。
 熱中症の恐れのある地域の方々は、どうぞお気をつけて。ご無事を祈ります。

 と書いていて思ったんですが、日本のマスコミは、この頃、「熱中症に気を付けて」と言っても、熱中症の予防や対策の情報は、あまり出していない気がします。
 日本の民主党政権の頃は、そうではなかったと思うのですが、安倍政権は、庶民のことなど考えず、自衛隊を、平和憲法を無視して、軍隊に近づけることしか考えていないような政権と思うので、マスコミに対しての指導が足りなくて、こういうことになってしまうのでしょうか?

 安倍政権は、集団的自衛権で、後方支援という名目で、自衛隊を地球の裏側まで行けるようにしようとしています。
 平和憲法違反です。
 地球の裏側まで自衛隊が後方支援で行って、行った地域が戦況の変化で戦場になって、自衛のためとは言え、自衛隊が相手の軍隊と戦闘ということになれば、これは戦争です。
 安倍政権がどう言い訳しようが、世界的にも、日本国民的にも、戦争です。
 平和憲法には、日本は戦争をしないと書いてあるのに、戦争をやってしまったら、「日本は大嘘つきの国」と、世界中から批判されてしまうと思います。恥ずかし過ぎます。(大嘘つきの日本を、貿易の相手として、世界は信用してくれるでしょうか?大嘘つきの日本に、観光旅行で来てくれる外国の人々がいるでしょうか?)

 多くの日本国民は、平和と平和憲法を愛しています。
 それなのに、安倍政権は、国民の承諾も得ないで、日本を非法治国家にして、北朝鮮のような独裁国家にするつもりなのでしょうか?
 あまりにも非民主主義的で、独裁的と思います。
 そのようなことができる人間は、口先で何を言ったとしても、平和を愛していないと思います。酷過ぎます。
 国際社会の方々は、どうぞ、安倍政権に誤魔化されないよう、お気をつけて。
 そして、日本が北朝鮮のような独裁国家にならないよう、注目していただき、日本が悪い方向に行かないよう、働きかけなどしていただければ、と願い祈っております。
 私たち日本人も、心ある人々は頑張っていらっしゃいますが、世界基準から見て悪法の「特定秘密保護法」があったり、札束で横っ面を張られたマスコミが煽ったとも言えそうな、ひどい政治不信などのため、選挙が低投票率で、組織票を持つ日本の政権与党自民党が、選挙で有利に戦えるということが続き、日本人だけでは、現在の流れに歯止めが掛けられないような状況なのです。
 どうぞよろしくお願い致します。(日本では、低投票率だった、アメリカ合衆国のこの前の中間選挙のようなことが、ずっと続いているのです。そのアメリカ合衆国では、選挙で共和党の勢力が強くなったせい?最近、人々の権利や安全などが、脅かされているように感じます。ただ、僭越な言い方かもしれませんが、日本では、この春の地方選挙で、一部の地域では投票率が上がり、安倍政権へのノーを表明する結果が出ました。結果を出してくださった方々に感謝です。同様のことは、当然、アメリカ合衆国でも可能と思います。なので、有権者の方々は、諦めず、民主主義と平和のために、投票所に足を運んで、投票率を上げていただければ、と願い祈っております。)
(下の私のコメントに続きます。)
Posted by ニューパソコンの通りすがりの空です at 2015年06月02日 09:53
(上の私のコメントの続きです。)
 話を日本のお天気関連に戻します。
 熱中症に関して書いていて思ったのですが、冬の降雪が多かった地域で、気温が急に上がると、雪崩や雪解け水による被害が出る恐れも高くなるのでは?ど素人考えですが…。
 とはいえ、もう6月だから、そういう災害が起こる恐れのある地域はなさそうな気もしますが、未確認なので、もしかしたら、まだそういう災害の恐れのある地域もあるかも?とも思います。
 もし、そういう災害に、まだ警戒や注意が必要な地域がありましたら、どうぞお気をつけて。

 ところで、色々偉そうに書いていてすいませんが、私はど素人なので、上記の話以外に、日本のお天気関連の話で、警戒すべきことや注意すべきことなどあっても、チェック漏れしている恐れがあります。
 もし、チェック漏れがありましたら、どうぞお許しください。

 そして、災害などに対して警戒や注意が必要な地域がありましたら、マスコミや、マスコミのデータ放送(NHK地上波総合のデータ画面などお役に立つかも?同データ画面の警報・注意報のページで地域選択をすると出てくる、地域別の「気象情報」も、今回は、沖縄などに関しては、使えるかも?)、それに、ネットなど使って(例えば、気象庁のサイトなど)、情報更新も考えつつしっかり情報収集なさって(やはり最新情報の入手は大事と思います。それと、遠くない時期に災害被害があった地域は、通常の場合より、災害に対して弱くなっている場合もあると思うので、そういう地域にお住まいの方々は、その分、災害に対して、警戒を増した方が良いのでは?とも思います。)
 と書いていて思いましたが、地方の情報は、地方の方が詳しいだろうということで、全国的なマスコミなどの情報以外に、地方のマスコミとか地方の気象台などからの情報の収集、なさった方が良いと思います。(気象庁発表の情報の最後にも、「地元の気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意してください。」みたいなことが、いつも書かれているようなので。)
 そして、これも素人考えですが、早目早目に災害に備え、必要がありましたら、避難は早目になるべく明るい内になさって(もしかすると、財政難のために、中々避難指示や避難勧告に踏み切れない自治体などもあるかも?なので、状況によっては、自治体の避難所設営を待たず、自主的に避難というのも、ありでは?と思います)、残念ながら避難も難しいような状況になったら、家の中のより安全な場所に避難するなど、なさった方が良いと思います。(避難も難しいような状況というのは、素人考えですが、危険性が高いなどの理由で、屋外で活動することが難しい状況などが該当するだろうと思います。例えば、夜間は、周囲が見え難い場合が多いと思うので、そういう場合は、避難が難しいだろうと思います。他にも、避難が難しいような状況というの、色々あるかも?と思います。それと、これもど素人考えですが、避難が難しいような状況が、複数重なった場合、更に避難は難しくなるだろう、とも思います。)
 でも、避難も難しいような状況になった時でも、どうしても避難が必要、という場合もあるかも?そういう場合は、これもど素人考えですが、2次災害には十分気を付けつつ、自衛隊のようなプロの人達に、避難のサポートをしてもらって避難する、という方法もあるかも?と思います。
 どうぞお気をつけて。

 ところで、書き忘れていたのですが、上の方に、
 「避難は早目になるべく明るい内になさって」
と書いたのは、夜間で周囲が暗くなり、避難が難しい状況になっても、避難が必要な場合もあるかも?と思ったからです。
 夜間のように、避難が難しい状況になっても、避難が必要な場合は、2次災害にはくれぐれも気をつけつつ、自衛隊などのプロの人達に、避難のサポートをしてもらっては?と思います。これもど素人考えですが。

 それから、これもど素人の悲しさですいませんが、もしかすると、上記の日本のお天気関連の話の中で、間違ったことを書いてしまったかも?とも思います。
 もし、そのようなことがありましたら、そちらも、どうぞお許しください。


 ところで、話を変えてすいませんが、インドの熱波被害についても、書かせてください。
 すでに2000人以上の方々が、熱波のために亡くなられたと聞きます。非常に痛ましくてなりません。
 それなのに、今頃書いておりますこと、申し訳ない思いでおります。

 亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
 体調を崩された方々の早いご回復を祈ります。

 最高気温が50℃を超える地域もあるというような話も聞いております。
 日本とはあまりにも違う気象条件の厳しさに、ただただ人々のご無事を祈るばかりです。
 これも温暖化の悪影響でしょうか?
 本当に、私も、節電やエコなど、しっかりやらなければいけないと、改めて思いました。
 と書いていて思ったんですが、もしかして、ヒートアイランド現象も、インドで起きているのなら、そちらの方の改善は、もしかして、可能なのでは?
 ど素人考えかもしれませんが、もし、そのような状況がありましたら、関係者の方々に、ご一考願えれば、と願っております。

 インドの方々のご無事を、祈り願っております。
(下の私のコメントに続きます。)
Posted by ニューパソコンの通りすがりの空です at 2015年06月02日 09:55
 上の私のコメントに、重大な補足があります。

 中国の客船沈没のニュースの話に、
「ただ、お天気など現地の状況によって、2次災害などの恐れもあるのでは?と思いますので、捜索・救助活動などをなさる方々は、くれぐれも、2次災害などには気をつけて、決して、無理はなさらないでいただければ、とも願い祈っております。
 捜索・救助活動などをなさる方々のご無事も祈ります。」
という文章も補足します。
 今頃気づいてすいませんでした。
Posted by ニューパソコンの通りすがりの空です at 2015年06月02日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック