2015年03月13日

自分がもっとしっかりがんばらないと

うつ病の症状は、気分の落ち込みや意欲の低下にとどまらず、脳の機能全体が落ちることによる集中力・記憶力・判断力の低下や、さまざまな身体症状として現われるといわれています。

このような症状が2週間以上、毎日ずっと続く場合は、精神科・心療内科の専門医を受診することが望ましいです。

また、これらの症状は、特に朝強くみられやすいため、周囲の人から見て分かりやすい例として、遅刻が増える、週明けの欠勤が多くなる、といった勤怠への影響が出ることがあります。

また、朝は症状が強くても午後になると回復することも多いため、残業をして仕事をこなそうとする変化も生じます。

本人も初期には自覚がなく、「何か調子がおかしいけれど身体の病気だろうか」、「自分がもっとしっかりがんばらないと」などと思っていることも多く、周囲の方が変化に先に気づく場合も少なくありません。

なんか変だなと感じたら専門医へ!










posted by 声優社労士 at 08:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック