2014年12月31日

労働時間管理

事業場が労働時間の削減を図るための具体的な方法として、労働時間の管理体制を確立して有効に労働時間管理を行うことがあります。

労働時間の適切な把握のために、使用者が実行すべき措置としては、
1 始業・終業時刻の確認と記録、
2 始業・終業時刻の確認及び記録のための適切な方法の設定、
3 労働時間の記録に関する書類の3年間の保存、
4 労務管理責任者による労働時間の適正把握等の管理、問題点の把握とその解消、
5 労働時間等設定改善委員会等の活用
などがあげられています。

あなたの会社では、どうですか?














posted by 声優社労士 at 09:16| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック