2014年12月30日

体は資本!

複数月にまたがり連続して長時間の時間外労働に従事している場合には、かなりの疲労の蓄積が考えられますので、産業医の面接指導を受けたほうがよいですね。

長時間労働を行う者に対する産業医による面接指導の対象者を選定する基準として、労働安全衛生規則で定める基準や事業場で定める基準に該当しない場合であっても、事業者に面接指導の希望の申出を行うことで対象となる可能性があります。

この際に、労働者が申出を行ったことで、会社側が労働者に対して不利益な扱いをすることを禁じることが求められています。

また、産業医の業務である健康相談として、産業医に直接相談することも可能です。この場合、事業場に保健師等がいる場合は、保健師等に相談して産業医に情報を速やかにつないでもらうのも良い方法です。

労働者にとって身体は資本です!

くれぐれも大切にしてください!







詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック