2014年12月25日

メンタルヘルス対策

いまや15人に1人がうつ病を患う時代になっているのをご存知ですか?

従来型経営のままでは、人材が限られる中小企業は早晩深刻なリスクファクターを抱え込むことになると考えられ、適切かつ早期の対応が求められます。

気分の落ち込みや自責の念がいつまでも続き、とてもじゃないが働く意欲がわかない…。

うつ病をはじめ、「心の病」で悩んでいる社員が増えています。

厚生労働省が東京都内の中小企業を対象に行ったアンケートでは、「抑うつ状態」とみられる従業員の割合が約25%にのぼったのです。

経営者ならすでに薄々感じていると思うが中小企業でも同様に、メンタルヘルス不全の社員が増えているという実態があるのです。

メンタルヘルス対策が緊急かつ急務です!








posted by 声優社労士 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック