2014年04月22日

焦らず、じっくり!

厚生労働省のホームページによると、こころの病気にかかったとしても、多くの場合は治療により回復し、社会の中で安定した生活をおくることができると書かれています。

最近では、効果が高く副作用の少ない治療薬も出ていますので、以前よりも回復しやすいそうです。

また、こころの病気になった場合は、体の病気と同じように治療を受けることが何よりも大切です。

ただし、早く治そうと焦って無理をすると、回復が遅れることがあります。

「焦らず、じっくりと治す」という気持ちで臨むことが回復への近道なのですね。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック