2014年02月24日

積極的に医師の面接指導を!

会社の社長さん、および現場管理職の皆さんへのお願いです。

長時間労働者への医師による面接指導は、疲労の蓄積やメンタルヘルス不調を早めに発見してもらう貴重な機会です。

部下や同僚に残業時間を過小申告させないようにしたり、忙しいからと面倒くさがっているときには面接を避けずに、積極的に受けさせるようにしてください。

また過重労働が常態化している部署の管理監督者は、部下に医師による面接指導を受けさせるのはもちろんですが、中長期的に根本的な解決に取り組むことも重要です。

詳しくは厚生労働省のホームページで!








posted by 声優社労士 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック