2014年02月24日

過重労働をなくそう

長時間の残業や深夜業務など過重な負荷が続くと、睡眠時間の減少に結びつき、脳・心臓疾患発症のリスクが高まります。

また業務による心理的負荷によってうつ病やうつ状態が生じることもあります。

一方で、メンタルヘルス不調が原因で業務遂行能力が低下した結果、長時間の残業が起こっている場合もあります。いずれにしても過重労働とメンタルヘルス不調を始めとした健康障害は密接な関連があると言えるでしょう。


詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 08:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック