2012年06月08日

休日振替と代休

 労働基準法では、使用者は、労働者に週1回以上、又は4週間を通じて4日以上の休日を与えなければならないとしています。日曜日を必ず休みにしろということはありませんが、労働者が計画的に休むことができるように休日の曜日を特定することが望まれます。

 しかし、仕事の都合でその休日に働かなければならないこともあると思います。定められた休日を事前に変更して、代わりに他の日を休日とすることを「休日振替」といいます。

 これはあらかじめ就業規則や労働協約などに「休日を振替えることがある…」と、決めたうえで、振替日を事前に労働者に通知しておくことが必要ですが、1週1日又は4週4日の要件を満たせば休日が労働日に変更されるので休日労働とはなりません。
ラベル:休日 求人 転職
posted by 声優社労士 at 08:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック