2012年03月15日

計画付与

 計画付与で年休消化

 年休は原則として従業員が自由にその日を指定して取得できるものです。しかしそれ以外に仕事の調整をしながら年休の消化を促進するために計画的付与の制度があります。これを上手に使うことによって、「休みが取れない、年休がたまってしょうがない」という不満を解消し仕事の効率にもつながることも考えられます。

 方法としては以下の三つがあります。

(1)事業所全体で一定日数を休む方法
(2)班による交代休む方法
(3)計画表により個人別に休む方法

 これをするためには、その事業所において労使協定により具体的な付与日または計画表を作成する時期・手続等を協定します。なお、年休の計画的付与の対象となる日数は、その者に付与されている年休日数のうち5日を超える日数とされています。
 また、年休日数のない者や年休が5日未満の者を含めて全体で休業する場合は、これらの者に対して特別の有給休暇を与えるか、少なくとも休業手当(その者の平均賃金の6割以上の額。)の支払いが必要とされています。

ラベル:年休 求人 転職
posted by 声優社労士 at 08:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック