2010年06月05日

簡単に納得できない

 一国の首相が辞め、幹事長も辞め、いよいよ金親、おまえもか!などとは誰も言わないでしょうね(笑)。

 さて、昨日ですが、雇止めの相談がありました。話を聞くと雇止めの手続など会社側には落ち度はないようです。しかし、相談者は納得できないと言います。

 おそらく相談者の方は、一所懸命働いてきたのに物扱いされ、法に従って手続しましたという会社に対して「はい、そうですか」と簡単には言えないのだと感じます。

 働く人たちも人間ですから感情があります。法に従えば全て許されるという風潮はどんなものなんでしょうか?



 
ラベル:求人 転職 雇止め
posted by 声優社労士 at 09:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック