2010年03月12日

雇止め!

 私の自宅の小さい梅の花が咲いています。春なのかな〜と思いきや、真冬のような寒さにもなり、鎌倉では大銀杏が倒れて今の経済状況を反映しているように感じます。

 さて、まだまだ雇用状態はキビシク、雇止めも多いみたいです。ということで、有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準についてです。

 使用者は雇止めをめぐるトラブルを未然に防止するため、次の点について適切な措置を講じなければなりません。

●契約締結時に、労働者に対して更新・雇止めに関する説明を十分すること
●契約期間を定める場合は、労働基準法の規定の範囲内で契約の実態や労働者の希望に応じてできるだけ長くすること
●更新しないときは、少なくとも30日前にはその旨を予告すること
●労働者が望んだ場合には更新しない理由を告知すること


posted by 声優社労士 at 08:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック