2021年02月21日

日韓関係破綻してもいいと思う。

アメリカのハーバード大学ロースクールのラムザイヤー教授が、日本軍による慰安婦被害者は強制動員された性奴隷ではなく売春だったという内容の論文を発表し韓国で批判の的になっていると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

ラムザイヤー教授の論文によると、慰安婦の女性たちと雇用主である慰安所は契約関係にあり、両者には与えられた条件下で相手と相互作用しつつ最大限の利益を追求するという「ゲーム理論」の論理が反映されていたという。

まぁ、要するに商売で身体を売っていたということでしょう。

韓国としては当時の日本が朝鮮の女性を無理やり連れ去ったということにしておかないと反日ビジネスとして都合が悪いですから。

さらに韓国側はラムザイヤー教授の論文に対して具体的な事例をもって反論するのではなく、日本政府が慰安婦動員の強制性を認めて謝罪した1993年の河野談話とも反するとか、奴は親日派だから日本から金をもらったんだとか事実とは関係ない反論ばかりです。

さて、日本政府に対する慰安婦被害者への賠償を命じた韓国裁判所の判決をめぐり日本政府は韓国の裁判権への服従拒否し、国際法違反の直視を求めています。

しかし、韓国政府は三権分立を盾に知らぬ存ぜぬを決め込んでいる。

このことで日韓関係は破綻する!と日本と韓国双方のメディアが報じていますが、破綻していいと私は思います。

これだけ韓国から貶められて黙っているのも腹が立ちますからね。

どうせ韓国は大陸の中国やロシアに飲み込まれる運命。

日本がつき合う理由はない。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/2/8 08:16時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする