2021年02月16日

いいじゃないですか、隣の国で。

韓国の産業通商資源部が2018年の4・27南北首脳会談直後に北朝鮮に対して原子力発電所を建てる案を検討した文書が多数見つかったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

ムン大統領は、4・27南北首脳会談でキム・ジョンウンに韓半島新経済構想を収めた冊子などを渡した時に原発についても話したみたいですね。

韓国国内では脱原発を叫び、正常に動いている月城原発1号機を早期に閉鎖、ところが裏では、国民の血税で北朝鮮に原発をプレゼントしようとしていたというわけだ。

この批判に対しムン政権は、「事実と異なる、世を惑わし人を欺く主張」とコメント、さらには「それでなくとも民生が厳しい状況で、捨てるべき旧時代の遺物のような政治で対立をあおり政治を後退させないよう望む」と発言したとか。

韓国国内だけでなく日本を惑わし欺き、対立を煽っているのはムン大統領、あなたでは?といいたいです。

そんな中、韓国が国防白書で日本を格下げしたとニュースになってます。

「パートナー」から「隣国」に替ったとね。

「隣国」とは隣の国ということです。

いいじゃないですか、隣の国で。

別に仲良くしようとも思わない。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/2/3 08:06時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大声をあげれば何でも意見が通ると思っているクソ韓国、くたばれ!

韓国の自称慰安婦被害者のイ・ヨンスが記者会見で、ムン大統領に対して慰安婦問題を国際司法裁判所であるICJに委ねるよう促す予定だと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

日本が主権免除などを理由に法的責任を回避し、韓国の国際法違反を一方的に主張しているためだということですが・・・。

慰安婦問題に関して、慰安婦は「性奴隷」でないとするアメリカハーバード大学ラムザイヤー教授の学術論文を罵倒するなど韓国世論がヒートアップしています。

全くのでっち上げだとね。

さらには韓国光復会というクソ団体が、「慰安婦は売春婦」主張したハーバード大教授の入国禁止を要求したとか。

やれやれ。

頼まれたって韓国なんかに行くか!といった感じですね。

さて論文では、具体的な事実や証拠をもとに朝鮮人慰安婦たちが公娼制の下で募集された公娼で報酬があったことや、慰安所は許可制で検診が義務付けられていたことが書かれています。

韓国世論が「でっち上げ」だというのなら、慰安婦が強制連行されたという事実を示せばいいだけのこと。

それが出来ないから、K-POPの歌手をはじめラムザイヤー教授の人格を否定するような罵倒を繰り返し論点をずらす作戦に出ているのです。

大声をあげれば意見は通るとね。

クソ韓国、くたばれ!

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/2/16 08:18時点)
感想(0件)









posted by 声優社労士 at 08:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする