2021年02月11日

ムン政権の恐怖政治が始まる。

韓国で韓国警察の不正が毎日発覚していると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

虚偽・隠蔽は当たり前、不正に犯罪・・・韓国警察に捜査権を持つ資格あるのだろうか?とね。

例えば、政府関係者のセクハラ事件をもみ消したり、警察署長の官舎に泥棒が入って現金や金品が盗まれたのに、警察は被害事実はないといいはったり・・・。

韓国ドラマを見ていても警察官の不正の話は当たり前のように登場するんですが、現実世界でも悪徳警官は存在するんですね。

日本人が韓国で事件に巻き込まれたとき、韓国の警察ではなく日本大使館に行け!というのはうなずける気がします。

今、ムン政権は検察よりも警察に多くの権力を与えて犬のように飼いならそうとしています。

自分の悪口を言う奴らを逮捕するためにね。

現に、SNSでムン政権を批判した芸能人が番組降板されたりしています。

中国共産党の恐怖政治を真似ているんでしょうか?

やだやだ。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/1/29 08:22時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする