2021年02月01日

口では何とでも言いえる、まずは行動で示せ!

韓国ムン大統領が「日韓の間に懸案あるのに、さらに日本政府の賠償認める慰安婦判決に困惑している」と述べたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

そして、慰安婦問題で2015年に両国政府間で慰安婦問題に関する合意があったことを認め、今回の判決について被害者たちも同意することができる解決策を見つけるいくことができるよう日韓で協議してゆくということなのですが・・・。

いや、そもそも2015年の日韓合意で慰安婦問題は解決済みです。

それをいまさら日韓で協議を!とはどういうことなのでしょう。

日本を韓国の国内問題に引きずり込むのはやめてもらいたいものです。

私と同じように日本政府の反応は冷ややかで、「解決に向けた措置はいまだ何も取られていない」とし、あくまで具体的行動がなければ日韓関係の改善はないとの姿勢のようです。

口では何とでも言いえる、まずは行動で示せ!ということなのでしょう。

韓国にそれが出来るかどうか疑問ですが・・・。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/1/19 08:16時点)
感想(0件)





posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする