2021年01月16日

真面目に働くより一攫千金を狙おう!

東アジア地域包括的経済連携であるRCEPによる日本との自由貿易協定FTAを締結した韓国で、今度は7年後には日本を抜いて世界5位の輸出国になるという見通しだ!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

こういう見通しを出したのが韓国経済団体全国経済人連合会で、2019年基準で世界5位の輸出国である日本と韓国の輸出額の差はたったの1637億ドルで、韓国の経済成長率を考えれば日本に必ず勝てる!ということなのでしょう。

しかし、そううまく行くかどうか・・・。

というのも、最近ウォン高に拍車がかかっているからで、ウォンが10%上がれば輸出3.4%減少し、ウォン高が輸出に及ぼす影響は大企業よりも中小・中堅企業が大きいという。

とはいえ、為替変動にも輸出実績はいいようで、背景には中国経済が復活してきていることが大きいみたいですね。

最後に韓国の今の心配事といえば家計負債1682兆ウォンに急増したことでしょうか。

初めてGDP超えるほどの家計負債だそうです。

この背景には、中共ウィルスの影響で株式投資をする韓国人が急増したことがあるからだとか。

真面目に働くより一攫千金を狙おう!ということなんでしょうか?

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/1/3 09:21時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする