2020年11月30日

韓国では質より量が大事。

韓国で、「5〜6坪のホテル客室が賃貸住宅難対策になるだと?鶏小屋に住めというのか!」と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

というのも、韓国政府は全国的に拡大した賃貸住宅難に無策だと批判を受けてきたため、不動産関係閣僚会議を開き新たな公共賃貸住宅拡大を骨子とする賃貸住宅対策を発表したからです。

で、その中身はというと、ホテルや雑居ビル・工場などを賃貸住宅として改造すること。

これに対し韓国の不動産専門家は、ホテルの客室を改造するとはなんといい加減な!韓国政府は供給戸数を増やすことにばかり考えていると韓発。

まぁ、要するに、質より量ということなのでしょう。。

韓国の国民性がうかがえます

日本だったら耐震基準もありますし、絶対にあり得ないですね。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/11/25 08:10時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする