2020年11月18日

国際法違反をしているムン大統領としては、何とか日本を丸め込みたいところですが・・・。

韓国の国防長官が、米韓声明に「在韓米軍維持」が抜けたのは海外米軍柔軟化指針のためだと発言!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

というのもトランプ前大統領がエスパー米国防長官に海外駐留米軍を柔軟に調整するよう指針を下し、「在韓米軍の現水準の維持」という一文を加えなかったからだ。

さらにはクアッドで韓国など伝統的同盟国を疎外する可能性もありうるとね。

まぁ要するに在韓米軍撤退が現実味を帯びてきたということなのでしょう。

で、今度はバイデンさんがアメリカ大統領に!

そんな中、韓国では日本の菅首相と韓国ムン大統領とでどちらが先にバイデンさんと電話会談するかで盛り上がっているとか。

やれやれ。

そして韓国カン・ギョンファ外相がアメリカへ!バイデン側が外国接触禁止令中なのに・・・。

韓国としては米中対立の中で韓国は中国の味方だ!と思われているので、少しでもアメリカの味方だよ!ということをアピールしたかったのでしょう、ついでに日本の悪口もね。

しかし、最近バイデン政権は日韓関係改善要求してくる可能性が高いことが分かったという。

今日韓関係は、旧朝鮮労働者問題の日本企業財産現金化問題で最悪ですからね。

国際法違反をしているムン大統領としては、何とか日本を丸め込みたいところですが・・・。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/11/12 08:57時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする