2020年11月14日

「被害者」という仮面をかぶり正義ズラをしているパク・ジウォン韓国国家情報院長に騙されてはいけません!

韓国パク・ジウォン国家情報院長が自民党に対し「日韓首脳共同宣言」を提案した!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

というのも、パク・ジウォン国家情報院長が先日訪日して二階自民党幹事長と会い、強制徴用や輸出規制問題など、日韓葛藤を解くための解決法として両国首脳の度量の広い宣言を提案したからです。

「日韓首脳共同宣言」と聞いて思い出すのが、1998年の小渕前首相と韓国キム・デジュンとの日韓パートナーシップです。

この時、小渕前首相は植民地支配によって韓国国民に多大な損害と苦痛を与えたことを認めて、痛切な反省と心からの謝罪したとか。

要するに韓国は、また今回も同じことをやろうというのでしょう。

日本が謝罪すれば韓国は仲良くしてやるとね。

安倍前首相は韓国に対し謝罪外交は一切しないと決めていましたが、菅首相は中国や韓国よりの二階幹事長の言うことを聞くのでしょうか?

「日韓首脳共同宣言」といえば聞こえはいいですが、韓国の言う関係改善とは日本が韓国の要求を100%受け入れるということです。

そんな馬鹿な話はありません。

「被害者」という仮面をかぶり正義ズラをしているパク・ジウォン韓国国家情報院長に騙されてはいけません!

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/11/10 08:21時点)
感想(0件)





posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする