2020年11月13日

昨年は「NO JAPAN」で盛り上がっていましたが・・・。

半導体やディスプレーなど、韓国電子素材業界に「脱日本」ブームが起きている!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

というのも、韓国LGイノテックが高効率フェライトを開発し、斗山ソルスがシステム半導体用ハイエンド「超極薄銅箔」受注、ハンファソリューションが高純度XDIの生産を開始したからだそうです。

これでテレビをさらに薄型にできて、折り畳みスマホも大量生産できる!とね。

まぁ、これはこれで結構なことで、韓国も日本がホワイト国から除外したことについて文句を言う必要がなくなるということでしょう。

でも、韓国電子素材業界の「脱日本」ブームとは反対に自動車やアパレル業界では日本製品が売れ始めているとか。

昨年は「NO JAPAN」で盛り上がっていましたが・・・。

やはり、ブームは去るものなのですね。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/11/9 07:56時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする