2020年11月06日

自分で蒔いた種は自分で刈り取るしかない。

日本の反日メディアが「韓国政府は、日本企業が賠償応じれば、後に韓国政府が穴埋めすると打診してきた」という報道に対し、事実無根だ!と反論していると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

旧朝鮮労働者問題で解決策を模索していた韓国政府のノ・ヨンミン大統領秘書室長はムン大統領の意向を踏まえて穴埋め案を日本側に提示したが「企業の支出が補填されても、国際法違反による判決の履行には変わりなく応じられない」と拒否したということです。

で、このことが韓国国民に知られ、韓国政府はなぜ韓国国民の血税で日本企業に補填するのか!と総スカンを喰らい、慌てて火消しに入ったということなのでしょう。

韓国政府は日本に対してお金出すから国際法違反だけは見逃してね!と擦り寄ってきたのですが、あえなく失敗したということのようです。

さて、戦後の日韓関係はムン大統領になってから最も最悪となりました。

その背景には、日本統治時代に20代だった学者に入れ替わって日本を知らない学者が増えてきたことがあるようです。

ゆえに、日本との具体的な事実を無視して統治時代は悪であるというレッテルを貼り批判するようになる。

さらには経済発展で日本に勝てる!と思った韓国は日本を自分たちより下と考えるようになる。

韓国では上の者は下の者に対して何をしてもいいという慣習があるため、日本に対する反日行動がエスカレート。

で、今の現状に至るということです。

しかし、国際法違反は世界を敵に回すことになるので避けたい・・・。

でも、日本が言うことを聞いてくれない・・・。

どうしよう。

まぁ、自分で蒔いた種は自分で刈り取るしかないと思うのですがね。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/11/2 08:39時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする