2020年10月22日

ダブルスタンダードといえば聞こえはいいが、ただの二枚舌。

日韓ビジネス入国制限緩和は関係復元の出発点になる!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

日本では菅新内閣が発足し、ムン大統領との書簡のやり取りもあり、電話会談までしたからだ。

これで日本が韓国に対し折れないわけがないということなのだろう。

要するに韓国のいう日韓関係改善というのは、日本が韓国の言うことを聞くということ。

そんなアホな話があるわけがない。

しかし韓国は、日韓議連を来月に訪日させ菅首相と会談させようとしている。

何とか日本を騙そうという魂胆なのでしょう。

日韓関係改善と言いながら、裏では慰安婦像の問題や旧朝鮮労働者問題、福島原発処理水の海洋放出で日本を貶めようと画策しています。

ダブルスタンダードといえば聞こえはいいが、ただの二枚舌にすぎません。

韓国を絶対に信用してはならない。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/10/18 08:32時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする