2020年10月20日

日本国憲法の関係上、日本の領海に侵入してくる中国公船に何もできないのが、歯がゆくてなりません。

中国海警局の船が日本の領土である尖閣諸島の領海内で日本の漁船に対し接近や威嚇をしている問題で、中国側が日本の漁船の出漁予定を事前に把握していることが分かったとネットニュースで報じていました。

要するに、情報漏えいでです。

たぶん、漁船の通信を傍受しているか、衛星で日本の漁港を監視しているんでしょうね、日本の衛星が中国を監視しているように。

中国としては、日本の漁船を追い払うことで中国の「法執行」という既成事実をつくり現状変更を狙っているのだと思います。

そんな中、日本政府は環境省が中心となって尖閣諸島周辺の島々の海洋や生態系の調査を始めるとか。

私としては、やっと今頃か・・・という感じです。

日本国憲法の関係上、日本の領海に侵入してくる中国公船に何もできないのが、歯がゆくてなりません。

クソ中国!くたばれ!

「高文脈文化」日本の行間 〜韓国人による日韓比較論〜 [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/10/17 08:54時点)
感想(1件)




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする