2020年10月13日

ポビドンヨードといえば日本では咳嗽薬ですが、韓国では傷口に塗るものなんですね!

韓国で中共ウィルスの対策強化のために、疾病管理本部が疾病管理庁に昇格したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

この疾病管理庁ですが、過去に韓国で発生したSARSやMERSの時にも昇格する予定でしたが組織の構造上の問題から実現しなかったとか。

で、今回なんとか昇格することになったそうですが、問題もあるようで・・・。

というのも、疾病管理庁に昇格するということは政府からの独立性が求められます。

しかし、韓国政府は防疫よりも経済を優先させる傾向にあり、疾病管理庁はそれに対抗できるのか?ということ。

いざ、感染症が蔓延しそうなとき、韓国政府の要請で隠蔽する可能性もある!ということです。

それでは何のための疾病管理庁なのか?

そんな中、韓国では傷に塗るポビドンヨードが中共ウィルスに効く!と話題になっているとか。

確か日本でも、大阪の偉い人が「ポビドンヨードの咳嗽薬がいい!」と発言して買い占めが起こったことがありました。

韓国でも似たようなことが起きているみたいですね。

ところで、ポビドンヨードといえば日本では咳嗽薬ですが、韓国では傷口に塗るものなんですね!

ビックリです!

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/10/9 08:59時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする