2020年10月09日

韓国の思いどおりにさせてはいけない!

日本海を東海に変更せよ!という日韓の外交戦で、国際水路機関であるIHOが名称ではなく「固有番号」で海を識別するという仲裁案を提案してきたという。

紛争当事国の他にも、アメリカやカナダ、フランス、ノルウェーなど他の加盟国も肯定的立場を明らかにしているという。

新たな数字標準が導入されれば、今後国際地図で日本海単独表記を主張する名分が弱まる可能性もあり、韓国は日本に勝った!と喜び叫んでいる。

ごねてごねて、ごねまくって韓国はIHOを動かし自分たちの思いどおりに事を進めているということだ。

本当に日本はおとなしすぎる!

そんな中、日本海ではなく東海だ!という国際呼称の問題で、韓国政府が1977年に刊行した海図が東海の呼称を日本海だけでなく東シナ海にも使用していたことが分かったという。

要するに、韓国政府は海図を作る技術がないので日本の海上保安庁の海図をパクって、テキトーに「東海」の字を勝手に書きいれて「俺たちの海だ!」とほざいているということなのでしょう。

何にしても韓国の思いどおりにさせてはいけない!

韓国を叩き潰せ!

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/10/6 08:44時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする