2020年10月04日

ムン大統領には、韓国の国民をいかに騙すかが問題。

日本の菅首相は、日本企業の資産現金化しないとの韓国の確約があれば訪韓すると発言した!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国政府は年内にソウルで韓中日首脳会談の開催を推進しているが、日本企業の資産がいつ現金化されてもおかしくない状況の中で菅首相の訪韓はあり得ないからだ。

で、菅首相の発言記事ですが、韓国メディアは全て日本のメディアの引用のようです。

というのも、日本メディアの記者は分単位で行動する菅首相に張り付いて記事にしているからです。

そして、日本の首相は記者会見が多い。

菅首相は就任してから13日間の間に6回も記者会見を開いている。

それに対し韓国ムン大統領は、就任してから約3年間の間に記者会見は6回だけ。

政府への透明性を考えればどちらがいいのかよくわかる。

ムン大統領は最近、住宅価格高騰の中での不動産投機疑惑や、国民に投資利益を上げさせ票を得るファンドマネージャーになったと言われたり、韓国海洋水産部職員が北朝鮮軍に射殺されても北朝鮮を擁護したりしてますからね。

記者会見しようものならツッコミどころ満載なので、あえて記者会見しないのでしょう。

ムン大統領には、韓国の国民をいかに騙すかが問題なのですね。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/10/1 08:27時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする