2020年09月27日

北朝鮮LOVEのムン大統領としては、何とか誤魔化そうと思ったのでしょう。

韓国で延坪島沖合に停泊していた漁業指導船から失踪した韓国の国民に対し、北朝鮮が海上で銃撃し遺体を消却したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

日本でも反日メディアが大きく報道しています。

こういう北朝鮮の蛮行は許されないのですが、それよりも許せないのが韓国政府がこの事件を隠蔽しようとしたことです。

というのも、この件について国防部が韓国大統領府である青瓦台に報告し緊急の会議が開かれたのですが、国民への説明が行われたのは銃殺から2日後だったからです。

北朝鮮LOVEのムン大統領としては、何とか誤魔化そうと思ったのですが、情報がどんどん漏れて説明せざるを得なかったのでしょう。

その後、北朝鮮の角刈り坊ちゃんから謝罪の発表があったと日本の反日メディア報じていましたが、原文では「悪いな、ごめんよ」程度のものでしかなかったとか。

南北連絡事務所が爆破されても北朝鮮への支援を!と叫ぶムン大統領。

今回も、越北した奴が悪いのだ!と殺された自国民のせいにして北朝鮮LOVEを貫くに違いない。

韓国の国民もムン大統領が反日を叫べば、この事件のこともすぐに忘れるだろうしね。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/9/26 08:40時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする