2020年09月20日

韓国の大企業を国有化し打ち出の小槌にすればいい!

韓国、イタリア、ギリシャでのみ若者の失業率が増加している!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

というのも、経済協力開発機構であるOECD加盟国の調査で、韓国の若者が厳しい就職の現実に直面しているとの調査結果が公表され、韓国における15歳から29歳までの若年層の失業率が、2009年の8.0%に比べて昨年が8.9%で0.9ポイント上昇したことが分かったからです。

若者の経済活動人口が減少しているにもかかわらず、若者の失業者が増加した国は、OECD加盟国では韓国、イタリア、ギリシャの3カ国だけだとか。

笑えますね。

そんな中、ムン政権は「ターゲット型災難支援」として、13歳以上の国民に通信費として2万ウォンを支給すると言い出したそうです。

しかし、13歳以上の国民に通信費として2万ウォンを支給するための費用として1兆ウォンかかり財政赤字はさらに膨らんでゆく・・・。

ムン政権になってから国の借金が類を見ない速度で増加しているという。

イザとなったら、韓国の大企業を国有化し打ち出の小槌にすればいいという考えなのでしょう。

ファンドマネージャーの私が何とかする!とね。




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする