2020年08月06日

韓国、いや南朝鮮にとって都合の悪いことは全て日本のせいにしないと気がすまないのですね。

ドイツが現在の体制が合理的だとして韓国やロシア参加のG7拡大に反対した!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

この騒動は、アメリカトランプ大統領がロシアと韓国など4〜5カ国をG7に加入させて会議体制を再編しようとしたことから始まり、韓国は日本が参加することに反対したと猛反発したことは記憶に新しいです。

日本はドイツと同じように韓国などの国を加えてのG7に反対したのであって、9月にアメリカで行われるG7にオブザーバーとして参加する韓国に対して反対などしていないのです。

それなのに何を勘違いしたのか韓国は日本に対して猛反発。

さらに韓国のムン大統領はG7のオブザーバーでは飽き足らずG7拡大を要望、世界は韓国の参加を望んでいるが日本だけが反対している!日本は最低の国だ!と発言しました。

しかし、ここにきてドイツも反対を表明。

日本だけが反対している!とした韓国の顔は丸つぶれとなりました。

で、ここで面白いのが韓国はドイツを非難するのではなく、日本の安倍がドイツを丸め込んだ!悪いのは日本だ!となること。

韓国、いや朝鮮にとって都合の悪いことは全て日本のせいにしないと気がすまないのですね。

本当に朝鮮は嫌な国だ。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/31 08:47時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする